股関節 > 梨状筋

梨状筋(りじょうきん)まとめ|イラスト解剖学


梨状筋 解剖学

おはようございます。今日は梨状筋のおさらいの日です。

この筋肉をもう一度おさらいして記憶を深めておきましょう。

まずは梨状筋リジョウキンのかたちと、ついている場所をみてみましょう。

1.梨状筋リジョウキンをみてみよう!

起始は、仙骨の内側
停止は、大腿骨の外側

です。

イラストを見て、この筋肉の作用を考えてみましょう。

解剖学 イラスト

2.梨状筋の作用

梨状筋の作用は、

【大腿骨を外にまわす】

です。

この筋肉の骨盤側は仙骨の内側についているので、股関節を骨盤側に引き入れるように大腿骨を外に回します。

ヨガ 解剖学

3.どのアーサナで梨状筋を使いますか?

梨状筋は、大腿骨を外に回す動きがでてくるアーサナで使います。

外にまわすといっても、インナーマッスルなのでお尻の奥を締めるような小さな動きです。

立位でこの筋肉を使うことで、大腿骨が骨盤に引き付けられて股関節が安定します。

ヨガ イラスト

4.梨状筋を意識してみよう!

これまで、梨状筋の起始停止、作用を学んできました。

最後は、梨状筋を意識して動いてみて下さい。

お尻の奥(骨盤の中)へ引き込むように股関節を外に回すと梨状筋を感じ取りやすくなると思います。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座スケジュール:
2015年05月14日 更新 | カテゴリー:股関節 > 梨状筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。