解剖学コンディショニング > 腰の痛みや不調を解決

腰方形筋(ようほうけいきん)のコンディショニング


 

STEP1:腰周辺の状態チェック

腰を前後左右に傾けたり、ひねったりする。
動きのかたさや腰、横腹に不快な感覚がないかを確認。

STEP2:「腰方形筋(ようほうけいきん)」をイメージ

腰の表面ではなく深い部分についていて、腰骨を両サイドから支えている。いい姿勢を保つためにとても重要な筋肉。

 

 

STEP3:「腰方形筋(ようほうけいきん)」をゆるめる

【さわる】

両手を腰に当て、背中側から骨盤の上側を親指で押す。

【動かす】

親指で押したまま、痛みがない範囲で腰を左右にひねったり、倒したりする。

最後に、脱力+深呼吸×3回
筋肉がゆるみ、体の中がポカポカする心地よさを味わう。

STEP4:腰周辺の変化を再確認

 

1と比べて動きのかたさや不快な感覚がどう変化したかを確かめる。

腰周辺の動きや不快感が前より軽くなっているなら、腰方形筋(ようほうけいきん)が凝っていた可能性あり。1日3回、1~ 4 をやってみよう。すぐに症状が無くならなくても改善しなくても、続けることで変わっていく場合もあります。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座スケジュール:
 
2017年12月28日 更新 | カテゴリー:解剖学コンディショニング > 腰の痛みや不調を解決

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

北海道 リアル解剖学入門講座 上半身編

【北海道】

北海道 リアル解剖学入門講座 上半身編
2018年11月23日(金)〜11月24日(土)
10:00 AM ~ 5:00 PM
募集中
北海道 リアル解剖学入門講座 下半身編

【北海道】

北海道 リアル解剖学入門講座 下半身編
2018年11月25日(日)〜11月26日(月)
10:00 AM ~ 5:00 PM
募集中