腹・骨盤 > 腰方形筋

腰方形筋(ようほうけいきん)の作用 その1|イラスト解剖学


腰方形筋|解剖学ヨガ

おはようございます。今日のテーマは、

「腰方形筋の作用 その1」

です。

腰方形筋は、腰の奥の左右についています。

この筋肉の作用は、片側だけの場合と、両側が働いた場合の2つのパターンにわけてみていきましょう。

まずは、片側だけの場合、

【骨盤を頭側に引きあげる】

です。

ただし、

※骨盤側が固定されていると、体が腰方形筋にひっぱられて横に倒れます。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座スケジュール:
2016年12月24日 更新 | カテゴリー:腹・骨盤 > 腰方形筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。