> 棘上筋

棘上筋(きょくじょうきん)まとめ|イラスト解剖学


 棘上筋のおさらいです。もう一度、見直して記憶を深めておきましょう。

1.肩関節をみてみよう!棘上筋

肩関節についている筋肉を学ぶ前に、肩の骨と関節を見ておきましょう。

肩関節は、肩甲骨と上腕骨という2つの骨のつながりの部分にあります。

筋肉の働きは、“伸びたり緩んだり”で、とてもシンプルです。

ですが、骨のどこについているかで、その作用は全く違ってきます。

なので、筋肉を学ぶときは骨や関節を先にイメージできるようになっておくと、筋肉の勉強がとてもやりやすくなります。

2.肩関節のかたちは球状棘上筋

肩関節のかたちに注目して下さい!!

上腕骨側がボールのように丸くなっています。

関節のかたちは、その関節がどんな動きをするかを教えてくれます。

肩関節は丸いかたちをしているので、くるくるとボールが転がるようによく動く関節です!

この関節には重要なインナーマッスルが4つあります。

それは、

  1. 棘上筋キョクジョウキン
  2. 棘下筋キョクカキン
  3. 肩甲下筋ケンコウカキン
  4. 小円筋ショウエンキン

の4つです。

それでは、肩関節のインナーマッスル第一弾、棘上筋について学んでいきましょう。

3.棘上筋キョクジョウキンを背中側からみてみよう!棘上筋

肩甲骨の背面には肩甲棘ケンコウキョク(棘キョクはトゲという意味)という突起があります。その突起の上にある筋肉なので、棘上筋といいます。

起始は、肩甲骨の突起の上のくぼみ
停止は、上腕骨の外側

イラストを見ながら、この筋肉のかたちと位置を確認しましょう。

そして、この筋肉の作用を考えてみましょう!

4.棘上筋の作用イラスト解剖学教室

棘上筋の作用は、

【腕を外へ開く】

です。

この動きを専門用語では“外転ガイテン”といいます。

ですが、最初から専門言葉で学ぼうとすると、解剖学は専門用語だらけなのでけっこう大変です。

まずは、骨や筋肉、動きをできるだけイメージしたり、動かしたりしながら、体験しながら覚えていきましょう。

5.どのアーサナで棘上筋を使いますか?

棘上筋

棘上筋は腕を挙げるすべてのアーサナで使われています。

この筋肉をしっかり使うことで、肩関節を安定させながら腕を挙げることができます。

6.棘上筋を意識してみよう!

イラスト解剖学教室

最後は、この筋肉を意識して動いてみましょう。

この筋肉を意識しながら使えるようになると、ヨガのポーズや生活の中でも肩をコントロールしやすくなります。

最初はなんとなくでもかまいません。

この筋肉をイメージしながら腕を挙げてみて下さい。

そして、いつもと感覚や動きがどう変化するかを感じてましょう。

2015年05月12日 更新 | カテゴリー: > 棘上筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

名古屋 解剖学コンディショニング入門講座

【名古屋】

名古屋 解剖学コンディショニング入門講座
2017年10月21日(土)〜10月22日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
満席。キャンセル待ちでの受付中。
大阪 解剖学コンディショニング入門講座

【大阪】

大阪 解剖学コンディショニング入門講座
2017年10月28日(土)〜10月29日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
[満席]キャンセル待ちでの受付中
東京 解剖学コンディショニング入門講座

【東京】

東京 解剖学コンディショニング入門講座
2017年11月11日(土)〜11月12日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
【満席】キャンセル待ちでの受付中
名古屋 解剖学入門講座 上半身編 ※ヨガスタジオ チャンドラ 主催 

【名古屋】

名古屋 解剖学入門講座 上半身編 ※ヨガスタジオ チャンドラ 主催 
2017年11月25日(土)〜11月26日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
募集中
名古屋 解剖学コンディショニング入門講座

【名古屋】

名古屋 解剖学コンディショニング入門講座
2017年12月9日(土)〜12月10日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
募集中