リアル解剖学ボディイメージつくり STEP2

ボディイメージ
 
おはようございます。今日は、リアル解剖学ボディイメージイメージつくり STEP2 です。

STEP2【イメージする】

STEP1“見る”で身につけた骨や筋肉の情報を、STEP2では、頭の中で“イメージ”してみましょう。ステップ1が、筋肉や骨の情報を頭の中にいれる行為(イメージの録画)なら、“イメージする”は頭の中の筋肉や骨を外に出す行為(イメージの投射)になります。

見たつもりでも、本や模型などを使わずにイメージしようとするとなかなか難しいと思います。

最初は、ぼやけたイメージしかできなくても、STEP1とSTEP2を繰り返すことで、少しずつ、本や模型を見なくてもリアルなイメージが作り出せるようになってきます。

このイメージ力が高まってくると、自分の体の中や、人の体の中を透かして見ることができるようになります。

「あ、あの背中の膨らみは、肩甲骨だなぁ」
「少し左右の肩甲骨の位置が違うな」
「僧帽筋が盛り上がってるな。肩こりがありそうだなぁ」

こんな感じで、見えない体の中をイメージを使ってみることで、いろんなことが分かって、楽しくなってきます。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座スケジュール:

Add your comment

Your email address will not be published.