searchalt
searchalt
face1
face4
face2
リアル解剖学講座

リアル解剖学講座とは

リアル解剖学講座とは、実際の体や模型を、見たり、触ったり、動いたりして、体験しながら学ぶリアルな解剖学講座です。

できるだけ専門用語を使わず、体で感じるシンプルな解剖学をお伝えします。

● 講座のスケジュール・お申し込みはこちら

character01

学びのポイントは2つ!

 

⒈骨や筋肉を言葉で覚えるのではなく、イメージ化できるようになること。( 見える化 )

⒉骨や筋肉を実際に触ったり動かしたりしながら、体験したことを結び付けていくこと。

解剖学を学びたいと思うきっかけは人それぞれだと思います。     


・肩こりや腰痛を改善したい
・体を効率よく鍛えたい
・体の動かし方を知りたい
・体の仕組みを知りたい
・生徒さんから体のことを質問されたときに答えられなくて困っている など体は複雑なので、そこで起きる疑問や問題を解決するのはやっぱり難しい。
そこで役立つのが解剖学です。  

なぜなら、解剖学は複雑な体がどうなっているかを知るための学問だからです。

見えないから分からない!

解剖学を学ぶことで体の中の構造や仕組みを “見える化” すると、なぜそうなっているのか、なぜそれをするのか、といったことを自分で考える力が育ってきます。

しかし、いざ勉強しようとすると解剖学の本は専門用語だらけ。

読むだけでも大変なのに、せっかく覚えても実践に結びつけるのがまた難しく、せっかく頑張ったのに・・・となりがちです。

これを解決するには、解剖学を「どう学ぶか」がとても重要です。

実は専門用語をいくら覚えても、それだけでは実践に使える解剖学にはなりません。

学び方のポイントは2つ!

⒈骨や筋肉を言葉で覚えるのではなく、イメージ化できるようになること。(見える化)

⒉骨や筋肉を実際に触ったり動かしたりしながら、体験したことを結び付けていくこと。

これらを繰り返していくうちに、自分の体の中にリアリティがともなった解剖学ボディイメージができてきます。

このボディイメージができてくると、

・体の中の観察、分析力
・体のコンディショニング力
・体のボディコントロール力
・体力アップ

といった私たちの体にとって大切な力を、解剖学に沿って効率よく安全に高めることができるようになります。

そして、それらの力が相互に影響し合うことで、姿勢の改善や日常の生活動作、スポーツのパフォーマンスアップなどにつながります。

リアル解剖学各講座では、できるだけ分かりやすく、シンプルに、解剖学の “学び方” と “使い方” をお伝えします。

character02

こんな方におすすめです!

 

    —  解剖学の知識ゼロの方、お一人でのご参加の方、大歓迎の入門講座です。 —

 
オンラインでなく、実際に体験して学びたい方
・はじめて解剖学を学ぶ方
・むずかしい解剖学は苦手な方
・座学としての解剖学しか学んだことのない方
・解剖学を学んで肩こり改善などのコンディショニングや、安全な動かし方や活かす方法を知りたい方
・独学で解剖学を学べるようになりたい方
character03

こんな方たちが参加しています!

 
・一般の方
・ヨガインストラクター
・ピラティスインストラクター
・スポーツ選手
・ダンサー
・トレーナー
・セラピスト
・養護学校の先生
・医療学校の学生
・歌の先生
・パフォーマー

リアル解剖学 5種類の講座

imgone

『 超入門ミニ講座 』

  肩甲骨と骨盤で学ぶ、解剖学の学び方と使い方

imgtwo

リアル解剖学ボディーイメージつくり入門講座 - 上半身編 –

imgthree

リアル解剖学ボディーイメージつくり入門講座 - 下半身編 –

imgfour

解剖学コンディショニング入門講座

imgfive

解剖学ボディコントロール入門講座

questions
voice
participate
realmap

各講座の詳しい内容

imgone1

『 超入門ミニ講座 』

  肩甲骨と骨盤で学ぶ、解剖学の学び方と使い方

imgone1

『 超入門ミニ講座 』 肩甲骨と骨盤で学ぶ、解剖学の学び方と使い方

 
◆講座内容     

肩甲骨と骨盤を通じてリアリティを感じる解剖学の “学び方” と “使い方” を知ること。 

リアル解剖学講座には、現在4つの2日間講座があり、この『超入門解剖学ミニ講座』は、その4つの講座のポイントを絞った【体験版】となる内容となっています。


《 前半 》解剖学の学び方を知る

リアル解剖学ボディイメージつくり入門講座(2日間の講座)でお伝えしている『解剖学ボディイメージのつくり方』を、肩甲骨と骨盤にテーマを絞ってお伝えします。

難しい専門用語で覚える解剖学ではなく、見て・イメージして・触って・動かしながら、体験しながらリアリティを感じる解剖学を学んでいきます。

この解剖学ボディイメージが、実践で解剖学を使うための基礎力となります。


《 後半 》解剖学の使い方を知る

肩甲骨と骨盤のまわりの、関節や筋肉にスポットをあて、解剖学ボディイメージが、どのようにからだを整えるためのコンディショニングや体を上手に動かしたいときのボディコントロールにつながっていくかをシンプルにお伝えします。

 

imgoneitem
imgoneitem
 
◆講座内容
 
肩甲骨と骨盤を通じて、リアリティを感じる解剖学の “学び方” と “使い方” を知ること。   

 

《 前半 》解剖学の学び方を知る

リアル解剖学ボディイメージつくり入門講座(2日間の講座)でお伝えしている『解剖学ボディイメージのつくり方』を、肩甲骨と骨盤にテーマを絞ってお伝えします。

難しい専門用語で覚える解剖学ではなく、見て・イメージして・触って・動かしながら、体験しながらリアリティを感じる解剖学を学んでいきます。

この解剖学ボディイメージが、実践で解剖学を使うための基礎力となります。

《 後半 》解剖学の使い方を知る

肩甲骨と骨盤のまわりの、関節や筋肉にスポットをあて、解剖学ボディイメージが、どのようにからだを整えるためのコンディショニングや体を上手に動かしたいときのボディコントロールにつながっていくかをシンプルにお伝えします。

imgtwo2

解剖学ボディーイメージつくり入門講座 上半身編

imgtwo2

解剖学ボディーイメージつくり入門講座 上半身編

 
◆講座内容   

上半身の骨格、筋肉をオリジナルの『 5ステップ学習法 』で学びながら、リアリティーを感じる解剖学ボディイメージをつくっていきます。


《1日目》

上半身の骨と関節を学びます。ペアワークで骨や関節を触り、体の中に骨と関節のボディイメージをつくっていきます。

 

・解剖学の学び
・上半身の骨と関節の基礎知識
・骨の触り方
・動きのコントロール性を高める関節を意識した体の動かし方 など。


《2日目》

肩甲骨、肩の筋肉を学びます。
ペアワークで筋肉を触ったり動かしたりしながら、筋肉のボディイメージをつくっていきます。

 

・肩甲骨、肩の筋肉の基礎知識
・インナーマッスルとアウターマッスルの違い
・筋肉の触り方
・筋肉を意識した体の動かし方 など。

imgtwoitem
imgtwoitem
 
◆講座内容
 
上半身の骨格、筋肉をオリジナルの『 5ステップ学習法 』で学びながら、リアリティーを感じる解剖学ボディイメージをつくっていきます。
   

《1日目》

上半身の骨と関節を学びます。ペアワークで骨や関節を触り、体の中に骨と関節のボディイメージをつくっていきます。

・解剖学の学び
・上半身の骨と関節の基礎知識
・骨の触り方
・動きのコントロール性を高める関節を意識した体の動かし方 など。

《2日目》

肩甲骨、肩の筋肉を学びます。
ペアワークで筋肉を触ったり動かしたりしながら、筋肉のボディイメージをつくっていきます。

・肩甲骨、肩の筋肉の基礎知識
・インナーマッスルとアウターマッスルの違い
・筋肉の触り方
・筋肉を意識した体の動かし方 など。

imgthree3

解剖学ボディーイメージつくり入門講座 下半身編

imgthree3

解剖学ボディーイメージつくり入門講座 下半身編

 
◆講座内容   

下半身の骨格、筋肉をオリジナルの『 5ステップ学習法 』で学びながら、リアル解剖学ボディイメージをつくっていきます。

 

《1日目》

下半身の骨と関節を学びます。ペアワークで骨や関節を触り、体の中に骨と関節のボディイメージをつくっていきます。

・解剖学の学び方
・下半身の骨と関節の基礎知識
・骨の触り方
・動きの分離性を高める関節を意識した体の動かし方 など。


《2日目》

お腹まわりや股関節まわりの筋肉を学びます。ペアワークで筋肉を触ったり動かしたりしながら、筋肉のボディイメージをつくっていきます。

・腹筋、股関節周囲の筋肉の基礎知識
・インナーマッスルとアウターマッスルの違い
・筋肉の触り方
・筋肉を意識した体の動かし方
・いくつもある腹筋の使いわけ など。

imgthreeitem
imgthreeitem
 
◆講座内容
 
下半身の骨格、筋肉をオリジナルの『 5ステップ学習法 』で学びながら、リアル解剖学ボディイメージをつくっていきます。
  

《1日目》

下半身の骨と関節を学びます。ペアワークで骨や関節を触り、体の中に骨と関節のボディイメージをつくっていきます。

・解剖学の学び方
・下半身の骨と関節の基礎知識
・骨の触り方
・動きの分離性を高める関節を意識した体の動かし方 など。

《2日目》

お腹まわりや股関節まわりの筋肉を学びます。ペアワークで筋肉を触ったり動かしたりしながら、筋肉のボディイメージをつくっていきます。

・腹筋、股関節周囲の筋肉の基礎知識
・インナーマッスルとアウターマッスルの違い
・筋肉の触り方
・筋肉を意識した体の動かし方
・いくつもある腹筋の使いわけ など。

imgfour4

解剖学コンディショニング入門講座

imgfour4

解剖学コンディショニング入門講座

 
◆講座内容     

解剖学に沿って体を見える化し、体をコンディショニングできるようになることを目的とした講座。
コンディショニングをすることで、本来の快適な体を取りもどすことにつながります。

首から肩甲骨周辺と、腰から股関節にかけての不調を解剖学マップにそってコンディショニングしていく方法をペアワークを中心に学んでいきます。生活の中にとり入れやすいようにように、やり方はとてもシンプルです。

解剖学という基準を持ちながら、コンディショニングによって体がどう変化したかを自分の体で体感してもらいながら行なっていきます。

 

【1日目】「上半身の解剖学コンディショニング法」

・姿勢と肩こりの関係
・コンディショニングの考え方
・上半身の基礎的な解剖学
・上半身(首、肩、肩甲骨まわり)の解剖学コンディショニング法

✔こんな症状のコンディショニング
・首が回らない
・肩こり
・腕を挙げると肩が痛い  など。

 

【2日目】「下半身の解剖学コンディショニング」

・姿勢と腰痛の関係
・ 下半身の基礎的な解剖学
・ 下半身(腰、股関節)の解剖学コンディショニング法

✔こんな症状のコンディショニング
・腰の痛みや硬さ
・股関節の痛み  など。

imgfouritem
imgfouritem
 
◆講座内容
 
解剖学に沿って体を見える化し、体をコンディショニングできるようになることを目的とした講座。
コンディショニングをすることで、本来の快適な体を取りもどすことにつながります。     

首から肩甲骨周辺と、腰から股関節にかけての不調を解剖学マップにそってコンディショニングしていく方法をペアワークを中心に学んでいきます。生活の中にとり入れやすいようにように、やり方はとてもシンプルです。

解剖学という基準を持ちながら、コンディショニングによって体がどう変化したかを自分の体で体感してもらいながら行なっていきます。

【1日目】「上半身の解剖学コンディショニング法」

・姿勢と肩こりの関係
・コンディショニングの考え方
・上半身の基礎的な解剖学
・上半身(首、肩、肩甲骨まわり)の解剖学コンディショニング法

✔こんな症状のコンディショニング
・首が回らない
・肩こり
・腕を挙げると肩が痛い  など

【2日目】「下半身の解剖学コンディショニング」

・姿勢と腰痛の関係
・ 下半身の基礎的な解剖学
・ 下半身(腰、股関節)の解剖学コンディショニング法

✔こんな症状のコンディショニング
・腰の痛みや硬さ
・股関節の痛み  など

imgfive5

解剖学ボディコントロール入門講座

imgfive5

解剖学ボディコントロール入門講座

 
◆講座内容     

解剖学にそって体を見える化し、体の構造にそって体を動かすことができるようになることを目的とした講座です。
構造に合った動きは、怪我の予防やスポーツのパフォーマンスアップにもつながります。

骨や筋肉の構造にそって、首から肩甲骨周辺と、腰から股関節にかけてのボディコントロールを行っていきます。
普段無意識に行なっている動きと、構造にそった動きを比較しながら、違いを体感しながら行っていきます。
動きの観察や分析力アップにもつながります。

 

【1日目】「上半身の解剖学ボディコントロール」

 

・ボディコントロールの考え方
・上半身の基礎的な解剖学
・上半身(首、肩、肩甲骨、背中まわり)の解剖学ボディコントロール
・インナーマッスルとアウターマッスルの使い分け

 

【2日目】「下半身の解剖学ボディコントロール」

 

・下半身の基礎的な解剖学
・下半身(腰、股関節、背骨)の解剖学ボディコントロール法
・インナーマッスルとアウターマッスルの使い分け
・動きを使ったシンプルなコンディショニング法

imgfiveitem
imgfiveitem
 
◆講座内容
 
解剖学にそって体を見える化し、体の構造にそって体を動かすことができるようになることを目的とした講座です。
構造に合った動きは、怪我の予防やスポーツのパフォーマンスアップにもつながります。     

骨や筋肉の構造にそって、首から肩甲骨周辺と、腰から股関節にかけてのボディコントロールを行っていきます。
普段無意識に行なっている動きと、構造にそった動きを比較しながら、違いを体感しながら行っていきます。
動きの観察や分析力アップにもつながります。


【1日目】「上半身の解剖学ボディコントロール」

・ボディコントロールの考え方
・上半身の基礎的な解剖学
・上半身(首、肩、肩甲骨、背中まわり)の解剖学ボディコントロール
・インナーマッスルとアウターマッスルの使い分け


【2日目】「下半身の解剖学ボディコントロール」

・下半身の基礎的な解剖学
・下半身(腰、股関節、背骨)の解剖学ボディコントロール法
・インナーマッスルとアウターマッスルの使い分け
・動きを使ったシンプルなコンディショニング法

よくあるご質問

 

 

Q.解剖学を初めて学ぶのですが参加できますか

A. この講座は解剖学に興味を持っている方すべてを対象とした内容になっております。毎回、参加者の3分の1くらいの方たちが、はじめて解剖学を学ぶ方たちです。
ですので安心してご参加ください。

 

Q.どの講座から参加したらいですか

A. 基本的には、どの講座も初めて解剖学を学ぶ方でも参加いただけるように内容を構成しております。ですので、どの講座から受講されても大丈夫です。

各講座の内容を確認して、目的にあった講座をお選びください。

解剖学の基礎となる解剖学ボデーイメージつくりから始めたいのであれば、解剖学ボディイメージつくり 上半身編か下半身編。
コンディショニングに興味があるのであれば、解剖学コンディショニング講座。
体の動かし方に興味があるのであれば、解剖学ボディコントロール講座がおすすめです。

 

Q.妊婦ですが参加できますか

A. 妊娠期の参加に関して特別な制限などはつくっておりません。
これまでも何人も参加されております。
ただし、受講における安全管理などは自己責任となる点はご了解ください。
大切な時期ですので、無理のない範囲で講座に参加していただけたらと思います。

 

Q.いつまでキャンセルはできますか

A. 申し込みの際に記載されているキャンセルポリシーの期日にしたがって対応させていただいております。申し込みの際に期日の確認をお願いします。

 

Q.1日だけの参加(2日間講座の場合)はできますか

A. 参加者のご事情により、1日のみの参加となる場合もありますが(体調不良などにより)、基本的には、その場合も料金は2日分となるため、あまりおすすめはしておりません。

講座の内容としても、2日間講座は、両日参加したほうが理解しやすい構成になっています。

 

参加者のこえ

 

 

● 骨の位置や大きさを触って、確かめていくことで、今までの曖昧な身体感覚が少し具体的になりました。
さらに様々な部位で実践をつめば自らが体を動かす時もよりコントロールしやすくなるかなと思いました。

 

● 普段マッサージの施術でこの辺りとか言いながら二人組でやってもらった感覚と位置だけで押し方を確認していましたが、骨の標本に触れて筋肉のつき方や他の骨との繋がりを想像することができて、とてもためになりました。

 

● 独学に不安もあり、勉強の仕方がわかるかもしれないと思って参加しました。
知りたいことばかりで、それ以上のことを教えていただき、参加して本当に良かったと思いました。
アトラスのアプリは、私の楽しいおもちゃになりました(笑)
アトラスの解剖学の本を持ってましたが、楽しいという感覚は始めだけで、段々ただの字で、辞書みたいになっていきました。3Dは楽しいです。教えていただきありがとうございました。

 

● わかりやすく、自分で勉強していける方法も教えていただき、ありがたかったです。セルフコンディショニングに興味があるので、また参加したいと思います。ありがとうございました!

 

● 実際に触ったり触ってもらえて感覚を掴むことが出来たので良かったです。先生の説明の仕方もわかりやすく丁寧に教えてくださったので楽しく受講することができました。
ありがとうございました。

 

● 座学だけでなく、実践も踏まえて講座が進んでいくので、わかりやすかった!いろんな人のお身体をさわれたので人それぞれ違っていることもわかった!

 

● 難しいと思ってしまう解剖学を、分かりやすく教えて頂き、ペアワークでの時間は
より実感出来て とても勉強になりました!
ありがとうございました。また 他の講座にも参加したいです。

 

● 解剖学を何となく理解ををしていると思い込んでいました。実際に触って確認しての解剖学は新鮮で分かりやすく学びやすかったです!

 

● 色々な方の肩甲骨を触って違いに気づけたのも楽しかったです。
ありがとうございました!

 

● 座学で分かったようなつもりでいても、いざ実際に体に触れてみると途端にわからなくなる。。。その時に、実際に手を取って確認してくださるのでとても理解が深まります。また、講座参加の方ほとんどの方と触れ合いや交流が自然と持てること。目的は違えど、同じことに興味を持っている方達なので和気あいあいと楽しく学ぶことができました。解剖学の知識を実際に使うにはまだまだ勉強が必要ですが、日頃から意識しながら体を動かすことで理解を深めていきたいです。ありがとうございました。

 

● 解剖学の難しい言葉等の挫折感の共感。実際の骨を見て触ってイメージ化する❗️それが分かっただけでも解剖学が楽しく学ぶ事ができると思ったので参加して本当に良かった。
まだまだ知りたい事があるのでセミナーに参加したいです。

 

● 実践が多くわかりやすかったです。欲を言えばもう少し深いところまで知りたいので次回はミニ講座ではなくフルで学びたいです。またの開催を楽しみにしています。

 

● 実際に体験しながら学んでいくので とてもイメージしやすかったです。
人によって少しずつ違いがあるのでいろんな方に触れさせてもらい 勉強になりました。

 

● 昨日終了し今日ヨガを行ったら、体の力みがなくなった感じがしました。
インナーマッスルの個別に確認をした作業で体が気づきを感じたのか?
アウターマッスルを意識した上で抜くことができた?
なにせ昨日の今日なのでまだ体が覚えていたのだろうと思います、
徐々に忘れるはずなので、5ステップをちょいちょい行わないと!と現段階ではおもっています(^.^;

 

● 今回は劇的に変わったことがあって、先生には感謝です!
自分の体に向き合うメソッドを教えて頂いた気がします!
下半身編もよろしくお願いします!

 

● すごく面白くてわかりやすかったです!イメージが立体になった感覚!これを求めてました!という感じでした!ありがとうございました^^

◉ 講座のスケジュール・お申し込みはこちら

 

講座のようす

 
profile_button