内腹斜筋(ないふくしゃきん)を横からみてみよう|世界一ゆる~い解剖学教室

内腹斜筋 横

今回のテーマは、

 

「内腹斜筋(ないふくしゃきん)を横からみてみよう」

 

です。

 

前回、内腹斜筋をお腹側からみました。

 

今回は、横からみて、この筋肉を立体的にイメージできるようになりましょう。

 

まずはイラストをみて、大まかに全体像をつかみましょう。

 

内腹斜筋がついている骨の部位は、

 

起始:骨盤と腰の膜
停止:肋骨(10~12番目)の外側、お腹の膜

 

です。

 

イラストを見て起始停止の位置を確認してみましょう!!

 

そして、内腹斜筋をイメージしながら、この筋肉が縮むと、どんな作用になるかを考えてみましょう。

 

次は、内腹斜筋の作用です。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

2 comments

  • 吉岡美代子 3年 前

    いつも拝読させていただいております。
    ヨガのインストラクターをしています。とても勉強になります。
    ありがとうございます

    Reply
    • 有川譲二(ありかわ じょうじ) 3年 前

      コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなってすみません。

      このサイトがお役に立てているようにでうれしいです。ゆる~い解剖学ですが、よろしくお願いいたします!!

      Reply

Leave a Reply to 有川譲二(ありかわ じょうじ) 返事キャンセルする

メールアドレスは表示されません。