リアル解剖学ボディイメージつくり STEP5

ボディイメージ

おはようございます。今日は、リアル解剖学ボディイメージイメージつくりの最後 STEP5 です。

STEP5【つなげる】

解剖学というのは、体の中を、かたちや働きによって分けて、個々のパーツの特徴を研究する学問です。

複雑な体を部分に分けることで、それぞれのパーツを詳しく知ることができます。

ですが、そのメリットに対して、1つ大きなデメリットがあります。

それは、分けた体は、本来の体ではないということです。

そこで、STEP1〜4は、筋肉や骨を1つ1つ学びましたが、このSTEP5では、その分けて学んだパーツをつなげていくことで、本来の体に戻していきます。

「肩と股関節の動きを協調させた方が動きやすいぞ。」
「股関節と骨盤の動きのタイミングを合わせてみよう。」
「足首が硬いけど、股関節はどうだろう。」
「腰と首は影響があるな。」

体の中には、さまざまなつながりがあります。

つながりを意識することで、感じ方や動き方が変化し、本来の私たちがいつも使っている体に解剖学が近づいていきます。

リアル解剖学ボディイメージつくりは、この5つのSTEPを繰り返しながら、リアリティのある解剖学ボディイメージを作っていきます。

このボディイメージは、

・体を見る力(観察力)
・体を整える力(コンディショニング力)
・体を動かす力(身体コントロール力)
・体を鍛える力(体力強化)

など様々な力の基礎力となります。

こういった力の基礎力となるリアル解剖学ボディイメージを体験的にお伝えするのが、リアル解剖学入門講座であり、その過程をヨガのアーサナに落とし込みながら学ぶのが、ヨガ解剖学入門講座講座となります。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座スケジュール:
◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

2 comments

  • 江藤千秋 4年 前

    はじめまして。

    物凄く分かりやすくて感動ものです。
    先生のセミナー東京は無いのですか?

    本にならないのですか?
    本当に楽しい解剖学です。

    Reply
    • 有川譲二(ありかわ じょうじ) 4年 前

      江藤さん、いつもご覧になってくださってありがとうございます^^

      東京開催は、まだ未定ですが、年明けあたりに開催できたらと思っています。

      開催の計画が決まったら、またフェイスブックでお知らせしますね!!

      書籍化もしたいと思っています。これも決定しましたら、ご報告します!

      もうしばらくお待ちください^^

      Reply

コメント追加

メールアドレスは表示されません。