肩甲胸郭関節(けんこうきょうかくかんせつ)の動きをみてみよう!

肩甲胸郭関節

肩甲骨と胸郭(肋骨)の間の関節を肩甲胸郭関節といいます。

この肩甲骨と背骨や肋骨は、靭帯のようなかたち組織でかたまっているのではなく、伸び縮みする柔らかい筋肉でつながっています。

そのため、肩甲骨は、肋骨上をいろんな方向に動きます。

肩甲骨は腕の付け根となる骨ですので、この肩甲胸郭関節が自由に動くことで、腕を根本から大きく動かしやすくなります。

逆に、この関節が硬くなっているのと、腕の動きが小さくなります。

普段、デスクワークなどで肩回りが縮こまっている人はこの関節の動きが悪くなっていることが多いです。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/