外腹斜筋(がいふくしゃきん)の作用 その1

外腹斜筋の作用 その1

今回のテーマは、

 

「外腹斜筋(がいふくしゃきん)の作用 その1」

 

です。

 

今回から2回に分けて、この筋肉の作用をみていきます。

 

外腹斜筋の作用を、左右の両方が働いた場合と、片側だけ働いた場合の2つのパターンでみていきます。

 

まずは左右の両側が働いた場合の作用は、

 

【お腹を丸める】

 

です。

 

外腹斜筋の肋骨側は、肋骨の下半分についているので、肋骨をお腹側に引き締める作用になり、それによりお腹が丸まります。

 

次は、片側だけが働いた場合を見てみましょう。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。