内腹斜筋(ないふくしゃきん)の作用 その1

内腹斜筋の作用 その1

今回のテーマは、

 

「内腹斜筋(ないふくしゃきん)の作用 その1」

 

内腹斜筋は、両側が働いた場合と、片側だけ働いた場合とでは作用が違います。

 

まずは両側が働いた場合です。その作用は、

 

【腰を丸める】

 

です。

 

次は、内腹斜筋の左右のどちらか片方だけが働いた場合をみてみましょう。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。