背骨を見てみよう!

背骨(せぼね)

今回は、背骨をみてみましょう。

頭蓋骨からお尻につく背骨は、積み木みたいな小さな骨がたくさん!

背骨は上から、頸椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎(ようつい)、仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)といいます。

この背骨が頭蓋骨を支えています。そして、この中には、脊髄神経という神経が通っています。

背骨は横からみると、まっすぐの棒のような形ではなく、前後にわん曲した波の構造をしています。

背骨

そして、それぞれの骨のつなぎ目が関節になっているので、僕たちの体は曲げ伸ばしや、横に倒したり、ねじったりと自由にいろんな方向に動かすことができます。

骨格模型でもう少しリアルにみてみましょう!

背骨(せぼね)肋骨(ろっこつ)
背中側からみる
背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
腰椎(腰の骨を背中からみる)

腰の骨を背中からみると、こんな感じです。腰の関節は、ねじれの動きが少ない構造で、曲げ伸ばしが得意な形となっています。

背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
横から見た腰椎

腰椎は横からみると、お腹側にわん曲しています。

背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
背骨の拡大図(上からみてます)

腰の骨を拡大してみると、こんな形です。上のキレイな●は、模型の支柱がはいっていた後なので、実際はここにこの●はありません。

その下の、台形の穴は、脊髄神経の通り道です。

いろんな方向から、骨をみることで、この骨を立体的にイメージできるようになることが大切です。

このイメージ力が、からだを見るときに、いつもみている皮膚に覆われた体ではなく、体の中を見える化する力につながります。

そして、その見える化力が、解剖学をもとにした、観察力や分析力の元になります。

スポーツや日常生活の姿勢つくりにおいて、体の使い方はよく重要視されますが、背骨をイメージできるようになると、動きのコントロールがとてもしやすくなります。

まずは、じっくり骨を眺めて、かたちをイメージできるようになりましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/