頭蓋骨(とうがいこつ)をみてみよう!

頭蓋骨(とうがいこつ)、ずがいこつ

今回は、頭蓋骨(とうがいこつ)をみてみましょう!

頭蓋骨は、よく見ると、とても複雑な形をしているのが分かると思います。

実はこの骨は、一つの塊ではなく、実は28個の骨が組み合わさってできていて、そのたくさんの骨が組み合わさった構造をしています。

頭の部分には、脳が入っていて、背骨に向かって、脊髄神経という神経が通っています。

首から下は、背骨につながって、この頭蓋骨を支えてくれています。

今度は、骨格模型でもう少しリアルな骨の形をみてみましょう。

背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
頭蓋骨正面
背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
頭蓋骨 横から
背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
頭蓋骨 後ろから
背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
眼球とかつらつけるとこんな感じになります
背骨(せぼね)、腰椎(ようつい)
人の頭を見るときに、この骨のイメージを重ねてみる

この骨模型をよく見ると、骨に小さな波状をした線がたくさんあるのが分かります。

動画でもみてみましょう。

この線は骨が組み合わさっているつなぎ目の部分です。

ちなみに、耳の上あたりにある横線の切れ目は、脳みそが入る空間を見えるようにしているだけなので、実際には切れ目はないです。

いろんな方向から、骨をみることで、この骨を立体的にイメージできるようになることが大切です。

電車の中や散歩中に、すれ違う人の顔をみながら、ここにはこんな骨、ここはオニクだな~とか想像しながら見てください。イメージ力を高めるいいトレーニングになります。

このイメージ力が、からだを見るときに、いつもみている皮膚に覆われた体ではなく、体の中を見える化する力につながります。

そして、その見える化力が、解剖学をもとにした、観察力や分析力の元になります。

まずは、じっくり骨を眺めて、かたちをイメージできるようになりましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/