前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)はこんな時に大活躍 手を握るとき

前腕屈筋群

今回は、「前腕屈筋群は手を握るときに大活躍」です。

前腕屈筋群は、上腕骨、前腕骨と手の骨をつないでいる筋肉です。たくさんあるのでまとめてみておきましょう。

全部まとめると、ほうきのようなかたちをしていて、肘の内側(小指側)から手のひらや指についています。

前腕屈筋群は手首や指を曲げる作用があるので、ダンスのときに手をぎゅっと握るときに活躍しています。

長時間のデスクワークをしている人はこの筋肉に負担がかかっていることが多く、それが腕の疲れだけでなく、肩こりにも関係していることが多いです。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/