上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)はこんな時に大活躍 千切りをするとき

上腕三頭筋

今回は、「上腕三頭筋は千切りをするときに大活躍」です。

上腕三頭筋は、肩甲骨、上腕骨と尺骨(しゃっこつ)をつないでいる、らっきょを3つならべたようなかたちをした筋肉です。

上腕三頭筋は肘を伸ばす作用があるので、キャベツを千切りするときに活躍しています。

お好み焼きをつくるときに大量にキャベツの千切りをすれば、この筋肉を鍛えることができます。

ちなみに、二の腕裏のタプタプは、この上腕三頭筋ではなく、この筋肉の上にのっかっている脂肪です。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/