はじめに

「上腕二頭筋でみてみよう!」


解剖学

おはようございます。今日のテーマは、

「上腕二頭筋でみてみよう!」

です。

今日は、試しに、上腕二頭筋ジョウワンニトウキンを例にして、骨、関節、筋肉の起始停止、動きをみてみましょう。

上腕二頭筋は力こぶをつくる筋肉です。たぶん、みなさんもご存じでしょう。

動きに関係する要素は、骨・関節・筋肉です。

骨:肩甲骨、上腕骨、前腕骨(橈骨トウコツ

関節:肩関節、肘関節

筋肉の起始停止:起始は肩甲骨の上部の2つの●部分、停止は前腕の橈骨(とうこつ)の●部分

です。

骨と関節、筋肉の起始停止が分かると、どんな動きになるかをかたちから推測することができます。

この筋肉の場合、青矢印のような動きになります。これを筋肉の作用といいます。

このように、骨、関節、筋肉の起始停止を学ぶことで、どのような動きになるかが分かるようになります。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2016年08月25日 更新 | カテゴリー:はじめに

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。