肩甲挙筋(けんこうきょきん)のストレッチ

肩こり首こりの人、首が回らない人向けの柔軟性アップのための簡単ストレッチです。

ストレッチの対象となる筋肉は、肩甲挙筋(けんこうきょきん)です。

この筋肉は、緑のボンボンと青のボンボンのあたりについています。

肩甲挙筋は、肩甲胸郭関節(けんこうきょうかくかんせつ)という肋骨と肩甲骨の間の関節を動かします。

肩甲挙筋は、肩甲骨を首側に引き上げたり、横を振り向いたりする作用があります。

また、猫背になると、頭の重さを支えるためにこの筋肉がいつも頑張ってます。

デスクワークのような手を使う作業の際も、腕の重みを支えるためにこの筋肉が頑張っていることが多く、この筋肉がこりやすいです。

左の肩甲挙筋をストレッチする場合

●左の肩甲骨を下に下げる

●首を反対斜め前に倒す

で、ストレッチできます。

首は繊細な部位なので、痛みが出ない範囲でゆっくりストレッチしましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/