棘上筋(きょくじょうきん)のストレッチ

肩が硬い人、バンザイできない人向けの柔軟性アップのための簡単ストレッチです。

棘上筋のストレッチ

ストレッチの対象となる筋肉は、棘上筋(きょくじょうきん)です。

この筋肉は、緑のボンボンと青のボンボンのあたりについています。

棘上筋

棘上筋は、肩甲骨と上腕骨の間の肩関節(けんかんせつ)をまたいでいるので、腕を上げる作用があります。

そのため、棘上筋は腕を使うほぼすべての活動の際に頑張っている筋肉です。

●肩甲骨の突起の上で棘上筋を押さえる

●肩関節で腕を上げ下げする

で、ストレッチできます。

ただ、この筋肉は、そのまま腕を動かすだけでは伸ばしにくい筋肉なので、筋肉を肩甲骨の突起の上で軽く押さえてから腕を動かしてみましょう。

棘上筋は、四十肩や五十肩のような肩の痛みにも関係していることが多い筋肉ですので、痛みの調整の際にもこの方法でアプローチすることができます。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/