肩関節をみてみよう!

肩関節をみてみよう

今回のテーマは、

 

「肩関節をみてみよう!」

 

です。

 

肩関節についている筋肉を学ぶ前に、肩の骨と関節を見ておきましょう。

 

肩関節は、肩甲骨と上腕骨という2つの骨のつながりの部分にあります。

 

筋肉の働きは、“伸びたり緩んだり”で、とてもシンプルです。

 

ですが、骨のどこについているかで、その作用は全く違ってきます。

 

ですので、筋肉を学ぶときは骨や関節を先にイメージできるようになっておくと、筋肉の勉強がとてもやりやすくなります。

 

関節をみるときのポイントは、

 

関節の位置と関節のかたちです。

 

関節がどこにあるか、そして、どんなかたちをしているかを、まずは、しっかり見て、知ることが大切です。

 

肩の関節はこんなかたちをしている!

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

1 comment

コメント追加

メールアドレスは表示されません。