手関節(しゅかんせつ)をさわってみよう!

手関節をさわる

今回は、「手関節(しゅかんせつ)をさわってみよう」です。

手関節は、尺骨(しゃっこつ)、橈骨(とうこつ)と手の骨のつなぎ目の関節です。

手関節は、手首の曲げ伸ばしや横方向の動きをします。

手首のしわの部分を包み込むように手をあてて、手関節の動きをさわって確かめてみましょう。

ちなみに手のひらを返す動きは、この手関節ではなく、肘関節の動きになります。

手のひら返しは肘関節の動き

動きをつくっているのがどの関節かを知ることで、その動きに硬さや痛みがあったときに、どこをケアしたらいいのかが考えられるようになり、コンディショニング(体の調整)力が高まります。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/