股関節(こかんせつ)の動きをみてみよう!

股関節の動き

今回は、「股関節(こかんせつ)の動きをみてみよう!」です。

股関節は、骨盤(こつばん)と、大腿骨(だいたいこつ)のつなぎ目の関節です。

骨盤側が受け皿になって凹んでいて、大腿骨側が丸くなっています。

丸い関節なので、クルクルといろんな方向に動く関節です。

関節の形を知ることで、そのかたちにそったイメージで、体を動かすことができます。

この構造にそった動きを意識することで、股関節のコントロール性があがったり、ケガをしにくい体の使い方につながったりします。

股関節は大きく動かすと、つまり感などを感じることが多い関節ですが、この丸い動きを意識するだけで、つまり感が軽減することもあります。

股関節
◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/