01 どうして“痛みや不調”は起こる?

解剖学的コンディショニング 11月 4, 2017

01 どうして“痛みや不調”は起こる?

日常生活の中で筋肉たちは、いつも、どんなときも頑張っている!!

解剖学的コンディショニング

私たちが歩いたり走ったりすることができるのは、体の中で筋肉たちが歩いたり走ったりすることができるのは、体の中で筋肉たちが頑張って働いてくれているから。

ただ座っているだけでも、重力の中で姿勢をキープするため、つねに筋肉たちは働いているのです。

この筋肉たちは、適度に使っていると調子がいいけど、同じ筋肉ばかりが頑張りすぎていたりすると、コリなどが生じて筋肉の働きが低下します。結果、“痛みや不調”となって現れるというわけです。

 

生活習慣や動き方のクセ

↓↓↓
同じ筋肉に負担が集中

↓↓↓

筋肉への負担がかかりすぎると……

「縮む」「ゆるむ」の働きが低下

↓↓↓

血液の流れが悪くなり、コリなどが生じる

↓↓↓

痛み・しびれ・重だるさなどの不快な症状に

 

★★★

解剖学的コンディショニングの目的は、働きが低下した筋肉たちをコンディショニングし、もとの元気な状態に戻して不快な症状を改善すること

★★★

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です