腹横筋(ふくおうきん)はこんな時に大活躍 ほら貝をふくとき

腹横筋

今回は、「腹横筋はほらがいをふくときに大活躍」です。

腹横筋は、お腹まわりをコルセットのようにぐるっとつつみこむようについている筋肉です。

この筋肉は、ウエスト部分をキュッと引きこむように引き締める作用があり、呼吸との関係が深い筋肉です。

息を吐くときに使うので、ほら貝をふくときに活躍しています。

声を出すときや、咳やくしゃみをするときも活躍しています。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/