腓腹筋(ひふくきん)はこんな時に大活躍 ジャンプするとき

腓腹筋

今回は、「腓腹筋はジャンプするときに大活躍」です。

腓腹筋は、大腿骨(だいたいこつ)と足の骨をつないでいる筋肉です。

ふくらはぎの丸みをつくっている筋肉です。

この筋肉は、膝関節を曲げたり足関節を伸ばす作用があるので、ジャンプするときに活躍しています。

この筋肉は、腓腹筋(ひふくきん)の下についているヒラメ筋とセットで、下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と呼ばれることもあります。

そして、この下腿三頭筋が足のかかとの骨につく部分は、腱膜と呼ばれる硬い組織になっています。ここがあの有名なアキレス腱です。

アキレス腱

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/