大殿筋-後

大殿筋(だいでんきん)まとめ|イラスト解剖学

大殿筋-後

今日は、下半身のアウターマッスル第一弾、大殿筋ダイデンキンのおさらいです。

もう一度、確認して、記憶を深めておきましょう。

まずは、この筋肉の起始停止をみていきましょう。

1.大殿筋ダイデンキンの起始停止 

起始は、骨盤の背中側
停止は、大腿骨後面、腸脛靭帯チョウケイジンタイ

です。

たくさんの場所についているので、言葉で覚えるのではなく、イラストをみてかたちや位置を確認してみましょう!

次は、横からこの筋肉をみてみます。

大殿筋-横

停止の一部は、骨ではなく、腸脛靭帯チョウケイジンタイという靭帯についています。

この筋肉は、股関節をおおっています。

そのことから、股関節のいろんな方向の動きに関係するのが分かります。

2.大殿筋の作用

大殿筋の作用 その1

次は、この筋肉の作用みていきます。

1つ目の作用は、

【太ももを背中側に伸ばす】

です。

大殿筋が、骨盤後面から股関節外側についているので、大腿骨を外にまわす動きも加わります。

 

大殿筋の作用 その2

2つ目の作用は、

【股関節を外に開いたり、閉じたりする】

です。

大殿筋は、股関節をおおうようについています。

大殿筋の上側が働くか、下側が働くかで、動きが変わります。

上側が働くと、股関節を外に開き、下側が働くと反対に閉じる動きとなります。 

3.大殿筋はどんな動きで使いますか?

大殿筋を使う動き

 

大殿筋は股関節を後ろに伸ばしたり、外や内側に動かすアーサナで使います。

体を反る動きが出てくるアーサナで下半身を安定させるために使われていることが多いです。

4.大殿筋を意識して動いてみよう!

大殿筋を意識する

最後は、この筋肉を意識して動いてみて下さい。

筋肉を意識することでどう感じ方が変わるかをみてみましょう。

また、大殿筋のどこを使うかで、どう動きが変わるのをみてみましょう!

 

Add your comment

Your email address will not be published.