骨盤(こつばん)をみてみよう!

骨盤(こつばん)

今回は、骨盤(こつばん)をみてみましょう。

これまで、背骨肋骨をみました。

今回みる骨盤は、この背骨の中のお尻の部分の骨である仙骨、尾骨という骨と両側の寛骨(かんこつ)という骨が組み合わさったひと塊の骨のことです。

上のイラストの緑の三角の骨が仙骨、ピンクの骨が尾骨、両サイドの青い骨が寛骨です。

骨盤は名前はとても有名ですが、骨盤の形はなかなか複雑なので、イメージするのが最初はけっこう難しい骨です。

骨格模型でもう少しリアルにみてみましょう!

骨盤(こつばん)
お腹側からみた場合

骨盤は大腿骨につながります。

外から見た脚の始まりは股関節ですが、骨格的にみると、骨盤の両サイドの骨の寛骨とみたほうがいいです。

骨盤(こつばん)
骨盤拡大

骨盤の前の部分が恥骨(ちこつ)、骨盤の下の部分が坐骨(ざこつ)といいます。

骨盤(こつばん)
骨盤背中側

骨盤は、歩く時の下半身の安定をつくり、上半身を支えてくれています。

そのため、両サイドと真ん中の仙骨は、筋肉より硬い靭帯によって動かないように固められています。

たまに、本や整体のチラシなどで骨盤のゆがみのイラストで、大きくゆがんでいるイラストをみかけることがあります。

あれは、歪みをおおげさに誇張しているイラストで、実際には骨盤は大きく歪むことはありません。

骨盤(こつばん)
骨盤側面

お腹や腰の動きをつくっている腹筋は、この骨盤と肋骨についています。

腹筋

そのため、お腹や腰の動きは、この骨盤のイメージがとても大事になります。

腹筋がつく、肋骨や骨盤のイメージがないと、どこに意識を向けて動いていいかが、あいまいになりがちです。

まずは、じっくり骨盤を眺めて、かたちをイメージできるようになりましょう。

そして、スポーツや日常生活の姿勢つくりのときに骨盤を意識して動いてみましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/