腓骨筋(ひこつきん)のまとめ|世界一ゆる~い解剖学教室

今回は、腓骨筋(ひこつきん)のまとめです。

 

腓骨筋は膝から下の外側についている筋肉です。

 

腓骨筋を細かくみると、

 

・長腓骨筋(ちょうひこつきん)

・短腓骨筋(たんひこつきん)

・第三腓骨筋(だいさんひこつきん)

 

の3つの筋肉があります。

 

今回はこれらの筋肉をまとめて腓骨筋としてみていきます。

 

3つあるので少し難しく感じるかもしれませんが、まずはイラストで3つの筋肉がどこついているのかを大まかにみてみましょう。

 

1.腓骨筋(ひこつきん)を横からみてみよう!

 

腓骨筋がついている骨の部位は、

 

起始:腓骨の外側
停止:足裏(親指側)と小指外側

 

です。

 

イラストで腓骨筋のかたち、ついている部位、またいでいる関節を確認しましょう。

腓骨筋 横

そして、腓骨筋が縮むととどういう作用になるかを考えてみましょう。

 

腓骨筋の作用を2回に分けてみていきます。

 

2.腓骨筋の作用 その1

 

腓骨筋の1つ目の作用は、

 

【足首を伸ばす】

 

です。

 

外くるぶしの後ろ側のを通る筋肉(長腓骨筋 ちょうひこつきん、短腓骨筋 たんひこつきん)が縮むと、土踏まずを小指側に向けるように足首を伸ばす動きになります。

 

イラストをみて、動きを確認しましょう。

腓骨筋の作用その1

次は、もう1つの腓骨筋の作用をみてみましょう。

 

3.腓骨筋(ひこつきん)の作用 その2

 

2つ目の作用は、

 

【足首を外へ反らす】

 

です。

 

腓骨筋は、腓骨から足裏の親指側と小指の外側についているので、足裏を小指側に向けるように反らす動きになります。

腓骨筋の作用その2

4.腓骨筋(ひこつきん)はどんな動きで使いますか?

 

次は、腓骨筋がどんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

腓骨筋は、足首を伸ばす動きや、足首を小指側に反らす動きで使われています。

 

イラストのような、片足立ちの立位で足首を安定させるときも使っています。

 

腓骨骨筋を使う動き

5.腓骨筋(ひこつきん)を意識して動いてみよう!

 

最後に、この筋肉を意識して動いてみましょう。

 

そして、いつもとの違いを感じてみましょう。

 

立位でこの筋肉を意識すると、踵がまっすぐに立ち、足首が安定します。

腓骨筋を意識する

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

次は、後脛骨筋(こうけいこつきん)について学んでみましょう。この筋肉は、前脛骨筋とともに、足裏のアーチつくりに関係している筋肉です。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

1 comment

コメント追加

メールアドレスは表示されません。