梨状筋(りじょうきん)の作用|世界一ゆる~い解剖学教室

梨状筋の作用 8月 27, 2016

梨状筋(りじょうきん)の作用|世界一ゆる~い解剖学教室

梨状筋の作用

今回のテーマは、

 

「梨状筋(りじょうきん)の作用」

 

です。

 

筋肉の作用をみるとき、筋肉が骨のどこについているかと、またいでいる関節を知ることが大切です。

 

イラストを見て、確認しましょう。

 

梨状筋の作用は、

 

【大腿骨を外にまわす】

 

です。

 

この筋肉の骨盤側は仙骨の内側についているので、股関節を骨盤側に引き入れるように大腿骨を外に回します。

 

次は、梨状筋がどんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です