大腿四頭筋の作用 その1

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)作用 その1|世界一ゆる~い解剖学教室

大腿四頭筋の作用 その1

今回のテーマは、

 

「大腿四頭筋の作用 その1」

 

です。

 

これまで、この筋肉の起始停止(お腹側から,横から)を確認しました。

 

今回から3回に分けて、大腿四頭筋の作用をみていきます。

 

大腿四頭筋は、股関節と膝関節をまたいでついています。

 

そのため、股関節と膝関節の両方の関節に作用することになります。

 

まずは、1つ目の作用は、

 

【膝を伸ばす】

 

です。

 

大腿四頭筋は膝のお皿を介して脛骨(すねの骨)についています。

 

大腿四頭筋が縮むと、お皿(膝蓋骨 しつがいこつ)を介して、スネの骨(脛骨 けいこつ)を引っ張ることで、膝が伸びます。

 

次は、2つ目の大腿四頭筋の作用をみてみましょう。

 

Add your comment

Your email address will not be published.