後脛骨筋(こうけいこつきん)のまとめ

今回は、後脛骨筋(こうけいこつきん)のまとめです。

 

1.後脛骨筋(こうけいこつきん)を背中側からみてみよう!

 

後脛骨筋がついてる骨の位置は、

 

起始:脛骨の上部外側
停止:足の骨の内側(土踏まず部分)

 

です。

 

後脛骨筋は、脛骨(けいこつ)というスネの骨の後ろについているので、後脛骨筋といいます。

 

筋肉がついている位置が名前の由来になっています。

 

イラストで、筋肉のかたちやどの骨のどこについているかを確認してみましょう!!

後脛骨筋 背面

そして、後脛骨筋が縮むとどんな作用になるかを考えてみましょう。

 

2.後脛骨筋(こうけいこつきん)の作用

 

後脛骨筋の作用は、

 

【足首を伸ばす】

 

です。

 

この筋肉は足の土踏まずについているので、土踏まずが内側を向けるように足首を伸ばす動きになります。

後脛骨筋の作用

次は、後脛骨筋がどんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

3.後脛骨筋(こうけいこつきん)はどんな動きで使いますか?

 

後脛骨筋は、足首を伸ばす動きで使われています。

 

イラストをみながら、どんな動きで使っているかを確認していみましょう。

後脛骨筋を使う動き

最後は、後脛骨筋を意識して動いてみましょう。

 

4.後脛骨筋(こうけいこつきん)を意識して動いてみよう!!

 

最後に、この筋肉を意識して動いてみましょう。

 

土踏まずを脛骨の後面側に引き込むように動いてみましょう。

 

そして、いつもとの違いを感じてみましょう。

後脛骨筋を意識する

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

次は、この後脛骨筋以外の、下腿(膝関節より下)についている筋肉をみてみましょう。

 

下腿後面の筋肉について学びます。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

7 comments

コメント追加

メールアドレスは表示されません。