腓骨筋(ひこつきん)を横からみてみよう!|世界一ゆる~い解剖学教室

腓骨筋 横 6月 5, 2016

腓骨筋(ひこつきん)を横からみてみよう!|世界一ゆる~い解剖学教室

腓骨筋 横

今回のテーマは、

 

「腓骨筋(ひこつきん)を横からみてみよう!」

 

です。

 

腓骨筋は膝から下の外側についている筋肉です。

 

腓骨筋を細かくみると、

 

・長腓骨筋(ちょうひこつきん)

・短腓骨筋(たんひこつきん)

・第三腓骨筋(だいさんひこつきん)

 

の3つの筋肉があります。

 

今回はこれらの筋肉をまとめて腓骨筋としてみていきます。

 

3つあるので少し難しく感じるかもしれませんが、まずはイラストで3つの筋肉がどこついているのかを大まかにみてみましょう。

 

腓骨筋がついている骨の部位は、

 

起始:腓骨の外側
停止:足裏(親指側)と小指外側

 

です。

 

イラストで腓骨筋のかたち、ついている部位、またいでいる関節を確認しましょう。

 

そして、腓骨筋が縮むととどういう作用になるかを考えてみましょう。

 

次回は、腓骨筋の作用についてお伝えします。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です