下腿から足

1.腓骨筋(ひこつきん)を横からみてみよう!


イラスト ヨガ 解剖学

「腓骨筋(こうけいこつきん)を横からみてみよう!」

です。

腓骨筋を細かくみると、長腓骨筋チョウヒコツキンと短腓骨筋タンヒコツキン、第三腓骨筋ダイサンヒコツキンの3つの筋肉があります。

3つあるので少し難しく感じるかもしれませんが、まずはイラストで3つの筋肉がどこついているのかを大まかにみてみましょう。

起始は、腓骨の外側
停止は、足裏(親指側)と小指外側

です。

イラストで、かたちや位置を確認してみましょう!!

そして、この筋肉が収縮すると、どういう作用になるかをイメージしてみましょう。

次回は、作用についてお伝えします。

※これまで学んだ前脛骨筋ゼンケイコツキン後脛骨筋コウケイコツキンと一緒になって、足の裏のアーチをかたちづくる筋肉です。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2016年06月5日 更新 | カテゴリー:下腿から足

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。