腸骨筋(ちょうこつきん)はこんな時に大活躍 靴下をはくとき

腸骨筋

今回は、「腸骨筋は靴下をはくときに大活躍」です。

腸骨筋は骨盤と大腿骨をつないでいるしゃもじみたいなかたちをした筋肉で、骨盤のお腹側についています。

腸骨筋は股関節を曲げながら外にひねるがあるので、靴下をはく動きで活躍しいます。

股関節を曲げるときに使うので、この筋肉にコリがあると、股関節を曲げたときのつまり感や痛みにも関連していることがある筋肉です。

どんなときにどの筋肉に負担がかかっているかが分かってくると、不調が起きたときに、どの筋肉に原因があるかを推測できるようになってきます。

この力が、体に不調の原因を考える際に必要となる観察、分析力となります。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/