梨状筋(りじょうきん)はこんな時に大活躍 踏ん張るとき

梨状筋

今回は、「梨状筋は踏ん張るときに大活躍」です。

梨状筋は骨盤と大腿骨をつないでいる細長い梨みたいなかたちをした筋肉で、お尻の奥についています。

梨状筋は股関節を外にひねるだけでなく、大腿骨を骨盤側に引きこむ作用があるので、踏ん張るときにも活躍しています。

歩くときも股関節を安定させてくれています。

この筋肉は坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)にも関係しているといわれている筋肉です。

生活動作のどんなときにこの筋肉が負担がかかっているかが分かってくると、それに対する対処法もみえてくるので、コンディショニング力アップにつながります。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/