> 三角筋

4.三角筋(さんかくきん)はどんな動きで使われますか?


ヨガ解剖学|アーサナ

おはようございます。今日のテーマは、

「三角筋(さんかくきん)はどんな動きで使いますか?」

です。

三角筋は、肩関節を前・横・後ろに動かすアーサナで使われています。

つまり、腕の動きを伴うほとんどのアーサナの中で使われているということです。

例外は、腕を体側に垂らしたままのポーズや、腕をねじらずに脇をしめるような動きです。

 

NEXT:三角筋を意識して動いてみよう!

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2015年05月15日 更新 | カテゴリー: > 三角筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。