下腿から足

3.下腿後面の筋肉はどんな動きで使いますか?


イラスト ヨガ 解剖学

 

おはようございます。今日のテーマは、

「下腿後面の筋肉はどんな動きで使いますか?」

です。

これまで、下腿後面の筋肉(起始停止作用)を学んできました。

今日は、これらの筋肉がどんなアーサナで使われているかをみてみましょう。

下腿面の筋肉である長趾屈筋チョウシクッキンと長母趾屈筋チョウボシクッキンは、足首を伸ばしたり、足の指を曲げる動きが出てくるアーサナで使われています。

体重を支えるために、地面を踏ん張る時にも使われています。

後脛骨筋コウケイコツキン腓骨筋ヒコツキンの一部も同じようなアーサナで使われますが、これらの筋肉には足の指を丸める作用はありません。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2016年07月14日 更新 | カテゴリー:下腿から足

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

大阪 リアル解剖学入門講座 上半身編

【大阪】

大阪 リアル解剖学入門講座 上半身編
2019年11月23日(土)〜11月24日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
満席 キャンセル待ちでの受付中
東京 リアル解剖学入門講座 上半身編

【東京】

東京 リアル解剖学入門講座 上半身編
2019年11月30日(土)〜12月1日(日)
10:00 AM ~ 5:00 PM
残り4席