棘下筋(きょくかきん)を意識して動いてみよう

棘下筋を意識する

最後は、この筋肉の起始停止や作用()をイメージしながら動いてみましょう。

 

そして、いつもの動きや感覚との違いを感じてみましょう。

 

肩甲骨を動かさずに、肩関節だけを意識しながら動くと、棘下筋を感じ取りやすくなります。

 

棘下筋(きょくかきん)まとめ

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。