内腹斜筋(ないふくしゃきん)を意識して動いてみよう

内腹斜筋を意識する

今回のテーマは、

 

「内腹斜筋(ないふくしゃきん)を意識して動いてみよう!」

 

です。

 

これまで、内腹斜筋の起始停止(お腹側から横から)、作用()をみてきました。

 

最後は内腹斜筋を意識して動いてみましょう。

 

そして、いつもとの違いを感じてください。

 

一見同じに見えるねじりの動きでも、内腹斜筋でねじるか、腕の力で体をねじるかで、感じ方や体内の動きは全く違ってきます。

 

腹部の筋肉は、言葉で理解しようとすると難しいので、まずはしっかりと起始停止をイメージして、実際に動きながら学んでみましょう。

 

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

これまで何回かにわけて内腹斜筋をみてきたので、最後は、まとめて内腹斜筋をみてみましょう。

 

次は、内腹斜筋のまとめです。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。