下腿から足

2.腓骨筋(ひこつきん)の作用 その1


腓骨筋 ヨガ イラスト

おはようございます。今日のテーマは、

「腓骨筋(ひこつきん)の作用 その1」

です。

今日から、腓骨筋の作用を2回に分けてみていきます。

1つ目の作用は、

【足首を伸ばす】

です。

外くるぶしの後ろ側の筋肉(長腓骨筋チョウヒコツキン、短腓骨筋タンヒコツキン起始停止参照)が働くと、土踏まずを小指側に向けるように足首を伸ばす動きになります。

後脛骨筋コウケイコツキンの作用と比較してみましょう。後脛骨筋は、土踏まずを親指側に向けるように伸ばします。

 

※長腓骨筋チョウヒコツキンと短腓骨筋タンヒコツキン、第三腓骨筋ダイサンヒコツキンの3つの筋肉をまとめて腓骨筋といっています。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2016年06月5日 更新 | カテゴリー:下腿から足

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。