股関節 > 大腰筋

4.大腰筋(だいようきん)の作用 その2


大腰筋|yoga

おはようございます。今日のテーマは、

「大腰筋(だいようきん)の作用 その2」

です。

起始停止を思い出しながら、確認していきましょう。

2つ目の作用は、

【腰を安定させる】

です。

この筋肉は腰椎を前方に引き出すことで、腰を安定させます。さらに、大腰筋が強く働くと、腰の反りにも関係します。

前回の作用(股関節を曲げる)との違いは、大腿骨と腰椎のどちらが固定されているかです。

大腿骨側が固定されると、腰を安定させ、腰椎側が固定されていると、股関節を曲げます。

さらに、大腰筋が強く働くと、腰の反りにも関係します。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2015年07月2日 更新 | カテゴリー:股関節 > 大腰筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。