腰方形筋(ようほうけいきん)はどんな動きで使われますか?|世界一ゆる~い解剖学教室

腰方形筋を使う動き 12月 24, 2016

腰方形筋(ようほうけいきん)はどんな動きで使われますか?|世界一ゆる~い解剖学教室

腰方形筋を使う動き

今回のテーマは、

 

「腰方形筋(ようほうけいきん)はどんな動きで使いますか?」

 

です。

 

腰方形筋は、左右の片側だけが働いた場合、筋肉が縮んだ側の骨盤と肋骨が近づくので、腰を横に曲げる動きで使います。

 

この時、肋骨側が固定されていると、骨盤を上に持ち上げる動きになります。

 

逆に、骨盤側が固定されていると、腰の骨や肋骨が骨盤側に引っ張られて、腰を横に曲げる動きになります。

 

イラストをみてどんな動きで使っているかを確認しましょう。

 

次は、実際に自分で、腰方形筋を意識しながら動いてみましょう

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です