膝関節(しつかんせつ)をみてみよう!

今回は、膝関節(しつかんせつ)をみてみましょう。

膝関節 ひざかんせつ

膝関節は、太ももの大腿骨(だいたいこつ)と、膝から下の脛骨(けいこつ)と膝蓋骨(しつがいこつ)の、3つの骨のつなぎ目部分の関節です。

医学用語では、関節の名前などの専門用語を音読するので、ひざ関節ではなく、しつ関節といいます。

しつ関節というと、少し難しく感じますが、要するに、膝(ひざ)の関節のことです。

大腿骨と脛骨のイラストも載せておきますので、初めてこの関節を見る方は、まずは、それぞれの骨のかたちをしっかりみておきましょう。

大腿骨 
大腿骨
脛骨 けいこつ
脛骨

今度は膝関節の動きをみてみましょう。

膝関節 ひざかんせつ の動き
膝関節(しつかんせつ)の動き

膝関節は、曲げ伸ばしの動きが得意な関節です。わずかに、ねじれの動きはありますが、大きな動きではありません。

ねじれが少ない関節であることを知っておくことは、ケガをしない体の使い方につながります。

膝の前についている膝蓋骨は、太もも前の筋肉の力を脛骨に伝える役割があります。

今回は、関節をみる!がテーマですので、筋肉については詳しくは触れませんが、筋肉を学ぶと膝蓋骨の役割がよく分かります。ちなみに、膝蓋骨についている筋肉は、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)といいます。

大腿四頭筋 だいたいしとうきん
膝蓋骨と太ももの筋肉

関節を見るときのポイントは、

  • 関節の位置
  • 関節のかたち

です。

僕らの体は皮膚でおおわれていて体の中がどうなっているか見えません。

そのため、本で見ただけの解剖学知識では、人の体をみたときに、実際の骨や関節が体のどこにあるのかいまいちよく分からないということがよくおきます。

自分の体や人の体でさわって触って確かめながら学ぶことで、実際の体の中を見える化することができるようになります。

それでは、膝関節の一番ふくらんでいる部分をつかんで、膝を曲げ伸ばししたり、左右にねじったりしてみて、自分の体で、膝関節の位置と動きを確かめてみましょう。

膝関節 ひざかんせつ
膝関節を触る

しっかりさわると、大腿骨のまわりを、脛骨が動いているのを確認できると思います。

骨格模型で膝関節をみてみましょう!

骨格模型
膝関節 お腹側
大腿骨
大腿骨 お腹側
大腿骨
大腿骨 背中側
大腿骨 拡大
大腿骨 横から 拡大

大腿骨の膝関節側は、丸くなっています。

脛骨 けいこつ
脛骨 お腹側
脛骨 拡大
脛骨の膝関節側

脛骨の膝関節側は、大腿骨側の丸みの受け皿になるようなかたちをしています。

膝関節 しつかんんせつ
膝関節 

この脛骨と大腿骨のつなぎ目で、骨同士がスライドしたり転がったりするように動いて、膝関節の曲げ伸ばしをしています。

関節を見るときのポイントは、

  • 関節の位置
  • 関節のかたち

ですので、この関節の形をしっかりとみておきましょう。

関節の動きは、関節の形に沿うので、関節の形をしっかり見ることで、その関節がどんな動きをするかが分かります。

次は、動画で膝関節の動きをみてみましょう。

1回みただけでは、イメージきるようになるのは難しいので、何度も膝関節をみてください。

そして、解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。このイメージ力が、体を見える化する力になります。

見える化 解剖学
見える化する力

見える化する力は、

  • コンディショニング力
  • ボディコントロール力
  • 体力つくり
  • 観察・分析力

といった体に関する疑問や問題解決、パフォーマンス力をあげる力を高める際にとても役立ちます。

解剖学ボディイメーj

ゆっくり少しずつ、見える化できる筋肉や骨、関節を増やしていきましょう。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/