肩甲下筋(けんこうかきん)の作用 その1|世界一ゆる~い解剖学教室

肩甲下筋の作用 内旋 8月 26, 2016

肩甲下筋(けんこうかきん)の作用 その1|世界一ゆる~い解剖学教室

肩甲下筋の作用 内旋

今回のテーマは、

 

「肩甲下筋(けんこうかきん)の作用 その1」

 

です。

 

肩甲下筋の作用は大きく分けて2つあります。

 

まずは1つ目の作用です。

 

腕を体の横に垂らした位置でこの筋肉が働いた場合です。

 

それは、

 

【上腕を内へひねる】

 

です。

 

前回学んだ、棘下筋(きょくかきん)筋作用と反対になります。ペアで覚えてみましょう。

 

次は、肩甲下筋の作用 その2です。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
1 Comment for “肩甲下筋(けんこうかきん)の作用 その1|世界一ゆる~い解剖学教室”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です