腓腹筋(ひふくきん)の作用 |世界一ゆる~い解剖学教室

腓腹筋の作用 その1

今回のテーマは、

 

「腓腹筋(ひふくきん)の作用 その1」

 

です。

 

腓腹筋とヒラメ筋はセットで下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と呼ばれています。

 

この2つの筋肉の一番の違いは、腓腹筋は、膝関節をまたぐようについていて、ヒラメ筋は、膝関節をまたいでいないということです。

 

この違いが、腓腹筋とヒラメ筋の作用の違いをつくります。

 

前回は、ヒラメ筋の作用をみました。

 

今回から、腓腹筋の作用を2回に分けてみてみましょう。

 

まずは膝を伸ばして膝側が固定されている場合をみてみます。

 

この場合の腓腹筋の作用は、

 

【足首を伸ばす】

 

です。

 

膝側が固定されている場合は、足首側の関節が動いて、足首を伸ばす動きになります。

 

次は、腓腹筋の作用 その2です。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

1 comment

コメント追加

メールアドレスは表示されません。