股関節

股関節内転筋群(ないてんきんぐん)まとめ|イラスト解剖学


内転筋|ヨガ解剖学

今日は股関節内転筋群ナイテンキングンのおさらいの日です。

内転筋群というのは、太ももを閉じるような動きをする筋肉をまとめたものです。

※ここでは、恥骨筋チコツキン、長内転筋チョウナイテンキン、短内転筋タンナイテンキン、薄筋ハクキン、大内転筋ダイナイテンキンをまとめて内転筋群としています。

まずは、起始停止をみてみましょう。

1.内転筋群ナイテンキングンの起始停止 

起始は、骨盤の前中央
停止は、大腿骨の裏面と末端、脛骨ケイコツの上端

です。

たくさんの場所についているので、言葉で覚えるのではなく、イラストをみてかたちや位置を確認してみましょう!

次は、太ももの内側からこの筋肉をみてみます。

いろんな方向から見ることでこの筋肉を3Dでイメージできるようになると、この筋肉の作用がわかりやすくなります。

内転筋|ヨガ解剖学

 

2.内転筋群の作用

内転筋|ヨガ解剖学

次は、この筋肉の作用をみてみます。

1つ目の作用は、

【股関節を内側に曲げる】

です。

この動きを内転といいます。

 

内転筋|ヨガ解剖学

2つ目の作用は、

【股関節を前に曲げたり、後ろに伸ばしたりする】

です。

イラストは太ももの内側のイラストです。左脚ではなく、右脚のイラストですので、注意して見て下さい。

内転筋の起始部である骨盤側に幅があるので、股関節を曲げたり、伸ばしたりする作用があります。

前側が働く-曲げる

後ろ側が働く-伸ばす

となります。

 

3.内転筋群はどのアーサナで使いますか?内転筋|ヨガ解剖学

これらの筋肉は、股関節を内側に曲げたり、前後に動かすアーサナで使います。

立位で、左右の太ももを近づけた場合も使われます。

 

4.内転筋群を意識して動いてみよう!内転筋|ヨガ解剖学

最後は、この筋肉を意識して動いてみて下さい。

筋肉を意識することでどう感じ方が変わるかをみてみましょう。

また、左右の内転筋群のどの筋肉を使うか、動きが変わるのを感じてみましょう!

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座スケジュール:
2015年07月2日 更新 | カテゴリー:股関節

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

北海道 リアル解剖学入門講座 上半身編

【北海道】

北海道 リアル解剖学入門講座 上半身編
2018年11月23日(金)〜11月24日(土)
10:00 AM ~ 5:00 PM
募集中
北海道 リアル解剖学入門講座 下半身編

【北海道】

北海道 リアル解剖学入門講座 下半身編
2018年11月25日(日)〜11月26日(月)
10:00 AM ~ 5:00 PM
募集中