上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)のまとめ

今回は、上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)のまとめです。

 

まずは、この筋肉の起始停止をみていきましょう。

 

1.上腕二頭筋の起始停止 

 

この筋肉は、力こぶをつくる筋肉として有名です。

 

この筋肉は、肩甲骨側が2つの筋肉に分かれているので、頭が2つということで、上腕二頭筋といわれています。

 

かたちが名前の由来になっています。

 

上腕二頭筋がついている骨の部位は、

 

起始:肩甲骨の外側上部
停止:橈骨(とうこつ)の前面肘側

 

です。

 

 

イラストで、筋肉のかたちや起始停止の位置を確認してみましょう!!

上腕二頭筋

2.上腕二頭筋の作用

 

次は、この筋肉の作用を2回に分けてみてみましょう。

 

上腕二頭筋は、肩関節と肘関節の2つの関節をまたいでついてますが、主に肘関節に作用します。

 

1つ目の作用は、

 

【肘を曲げる】

 

です。

 

肩の関節もまたいでいるので、肩を曲げる作用もあります。

上腕二頭筋の作用

次は、2つ目の作用もみてみましょう。

 

2つ目の作用は、

 

【前腕を外にまわす】

 

です。

 

イラストのように手の平を上向きにする動きです。

上腕二頭筋の作用 その2

次は、上腕二頭筋がどんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

3.上腕二頭筋はどんな動きで使いますか?

 

上腕二頭筋は、肘を曲げたり、前腕を外に回したりする動きで使われています。

 

イラストをみながら、どんな動きで使われているかを確認してみましょう。

上腕二頭筋を使う動き

次は、実際に上腕二頭筋を意識しながら動いてみましょう。

 

4.上腕二頭筋を意識して動いてみよう!

 

最後は、この筋肉を意識して動いてみて下さい。

 

そして、いつもと比べて、動きや感覚の違いを感じてみましょう。

上腕二頭筋を意識する

同じように肘を曲げる動きでも、前腕を外に回した時と内に回した時の、力の入り具合の違いを比較してみても面白いと思います。

 

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

 

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

 

次は、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)について学んでみましょう。この筋肉は、上腕二頭筋と裏表の関係にある筋肉なので、ペアで覚えるといいです。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

3 comments

コメント追加

メールアドレスは表示されません。