大殿筋(だいでんきん)はこんな時に大活躍 そうじをするとき

今回は、「大殿筋はそうじをするときに大活躍」です。

大殿筋は骨盤と大腿骨をつないでいる葉っぱのようなかたちをした筋肉です。

大殿筋は股関節を外に開いたり、伸ばしたりする作用があるので、そうじをするときに体が前に倒れないようにお尻の部分で活躍しています。

この筋肉は、体を支えているので、姿勢にも関係する筋肉です。

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/