脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を横からみてみよう!|世界一ゆる~い解剖学教室

脊柱起立筋 側面 7月 31, 2016

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を横からみてみよう!|世界一ゆる~い解剖学教室

脊柱起立筋 側面

 今回のテーマは、

 

「脊柱起立筋を横からみてみよう!」

 

です。

 

前回は脊柱起立筋を背中からみましたが、今回は横からみてみましょう。

 

脊柱起立筋がついている骨の部位は、

 

起始:骨盤、肋骨、背骨
停止:肋骨、背骨、頭蓋骨

 

です。

 

この筋肉は、骨盤から後頭骨にかけてついていますが、横からみると、背中側についているのが分かります。

 

同じ筋肉でも、いろんな方向からみることで、筋肉を立体的にイメージしやすくなります。

 

そして、どの関節をどのようにまたいでいるかも分かりやすくなります。

 

このイメージつくりが、筋肉がどのように骨格を動かすかを考えるときに重要です。

 

それでは、この筋肉のかたちや起始停止をイメージしながら、脊柱起立筋の作用を考えてみましょう

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です