背部

1.脊柱起立筋を背中側からみてみよう!


解剖学,イラスト

 

おはようございます。今日のテーマは、

「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を背中側からみてみよう!」

です。

脊柱起立筋は、骨盤から頭蓋骨にかけてついている3つの大きな筋肉の総称です。正確には、棘筋キョクキン、最長筋サイチョウキン、腸肋筋チョウロッキンの3つです。

今回から、2回に分けて脊柱起立筋がどこについているかをみていきます。まずは、背中側からみてみましょう。

起始は、骨盤、肋骨、背骨
停止は、肋骨、背骨、頭蓋骨

たくさんありすぎて、1つ1つの起始停止を覚えるのは大変です。

イラストを見ながらこの筋肉の全体像をみてみましょう。

背骨から外に向かって、棘筋、最長筋、腸肋筋と3つの縦ラインを形成しています。

 

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2016年07月31日 更新 | カテゴリー:背部

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。