股関節 > 大殿筋

4.大殿筋(だいでんきん)の作用 その2


大殿筋の作用|ヨガ解剖学

おはようございます。今日のテーマは、

「大殿筋(だいでんきん)の作用 その2」

です。

前回に引き続き、2つ目の大殿筋の作用をみていきます。

 それは、

【股関節を外に開いたり、閉じたりする】

です。

大殿筋は、股関節をおおうようについています。

大殿筋の上側が働くか、下側が働くかで、動きが変わります。

上側が働くと、股関節を外に開き、下側が働くと反対に閉じる動きとなります。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://anatomy-yoga.com/event/schedule/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/
2015年07月2日 更新 | カテゴリー:股関節 > 大殿筋

各地で開催中

開催予定のリアル解剖学講座スケジュール

このカテゴリーの講座の募集は現在ありません。近日開講予定です。