小殿筋(しょうでんきん)の作用|世界一ゆる~い解剖学教室

小殿筋の作用

今回ののテーマは、

 

「小殿筋(しょうでんきん)の作用」

 

です。

 

小殿筋の作用は、

 

【大腿骨を外に開く】

 

です。

 

中殿筋と同じように、片足立ちの時の軸足の骨盤の安定にも関係します。

 

中殿筋と小殿筋の作用は、この2つの筋肉が重なってついてることからも分かりますが、かなり似ています。

 

解剖学的なボディイメージができてくると、これらの筋肉の違いが分かるようになりますが、最初はあまり区別しなくていいです。

 

次は、小殿筋はどんな動きで使われているかをみてみましょう。

 

◆体験しながら学ぶリアル解剖学講座とは
https://anatomy-yoga.com/anatomymenu/

◆リアル解剖学講座スケジュール:
https://events.anatomy-yoga.com/

◆講座の様子
https://anatomy-yoga.com/gallery/

◆本
https://anatomy-yoga.com/books/

コメント追加

メールアドレスは表示されません。